ブログ| 今伊勢駅で歯科・歯医者をお探しの方はいまえだ歯科口腔外科・矯正歯科まで

診療時間 日祝
8:30~12:30
13:30~18:00

休診日:木曜日・日曜日・祝日・学会日(随時お知らせします)

〒491-0052
愛知県一宮市今伊勢町新神戸字乾24

  • 地図
  • アーカイブ

  • カテゴリー

歯科衛生士コラム㉒

2019年6月4日

こんにちは今回はエナメル質減形成についてお話します。
エナメル質とは体の中で最も硬い組織です。
乳歯と一部永久歯(前歯と6歳臼歯)は赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる間から作られます。胎生7週頃から歯が作られ始め胎生14週頃から石灰化が始まります。この歯が形成される時期に何らかの原因(お母さんの体調や栄養状態、ホルモン異常などが原因となり表れるのではないかと言われている)でエナメル質がうまく形成されないことがあります。このエナメル質の形成障害によりエナメル質の下の象牙質が露出して茶色や黄色の歯が生えてくることがあります。これをエナメル質減形成といいます。

また、前歯と6歳臼歯以外の永久歯がエナメル減形成になる原因としては
局所的原因:乳歯の虫歯がひどかったり、外相を受けた場合
全身的原因:乳幼児期の全身的な病気、栄養障害、ビタミン不足
です。
エナメル質減形成は歯質がかけていたり、石灰化が不全な為、虫歯になるリスクが高く、また一旦虫歯になると進行が早いです。
・ご家庭でできる予防対策→ブラッシングと低濃度フッ素の歯磨き粉や仕上げジェルを使う
・歯科医院での処置としては→軽度の場合は定期検診及び定期的に高濃度フッ素塗布で虫歯になってしまったり、重度の場合は虫歯治療や神経治療を行います。
エナメル質減形成なのでは?と思ったら早めにご相談ください。

 
ページトップへ