いまえだ歯科の理念

いまえだ歯科のミッション・ステートメント

歯を「削る」「抜く」歯医者ではなく、「削らせない」「抜かせない」歯医者へ。We’re Oral Physician Clinic./この地域市民の口腔の状況を世界のトップクラスにすることを医療理念とし、そのために必要なすべての活動において、患者さまに満足を提供できるよう、スタッフ全員で研鑽する。

虫歯を「治す」歯科から、虫歯に「させない」歯科へ

いまえだ歯科では、生涯を健康なお口で過ごしていただくために、虫歯・歯周病などの病気を「予防」し、治療してもその後「再発させない」ことを第一に考えています。

例えば、病気を防ぐにはまず病気の原因となるバイオフィルム(=ばい菌のかたまり)を定期的に取り除く必要があります。バイオフィルムは奥歯の隅・歯と歯の間・歯と歯ぐきの間の溝など、ご家庭でのブラッシングでは取り除きにくい場所にたまりやすく、たいていはそこから虫歯等の病気が起こるのです。
そのため、病気を防ぐためには、歯科診療所に通院し、専門的な器具を使いバイオフィルムを定期的にクリーニングすることが大切になります。

痛くなくても歯医者に行くのが「普通のこと」の社会を創る!

こういった歯科医療の在り方はまだ日本ではなじみが薄いため、「虫歯になっていないのに歯医者にいくの?」と戸惑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、北欧スウェーデンなどの歯科先進国では、病気の情報について十分な説明を受け、病気を防ぐためのメンテナンスをすることは常識になっています。

私たちも、そのように皆さまの生涯にわたるお口の健康管理を安心してお任せいただけるよう、新しい歯科治療の在り方に取り組んでいます。

年代別DMFT指数の推移

これだけ医療が発達してもDMFT指数が変わらないのはなぜか?

-世界でもダントツに低い日本のDMFT-

左の図は、日本国内のDMFT指数の移り変わりを年代別に比較したものです。1975年から1999年に至るまで、ほとんど変化がありません。それだけ多くの人が本来の歯を抜いたり削ったりし続けて来たのであり、また、歯は「虫歯になったら(歯周病になったら)削ったり抜いたりして治すもの」という常識が、根強く浸透していることの証明でもあります。

「削る」「抜く」だけが本当に歯科医がすべき治療行為でしょうか?

10代 :2.3本,20代:9.5本,30代:13.5本,40代:15.6本,50代:16.5本,60代:19本,70代:23.8本,80代 :25.7本

多くの日本人が歯医者に通いながら歯を失っている!

歯を失わない歯科治療の在り方を追求し、実現させます。

いまえだ歯科の具体的目標

  • 5歳児でカリエスフリー(虫歯ゼロ)を実現する
  • 12歳児でカリエスフリー90%以上を実現する
  • 20歳成人でカリエスフリー90%以上、歯周病のない状態を実現する
  • 新たな虫歯・歯周病の発症をコントロールし、
    70歳時の平均欠損歯数を5歯以下にする
  • 地域の市民のメインテナンス率を20%にする

カリエスとは?

Caries … 浸食された骨組織、つまり虫歯のことです。

DMFTとは?

D:disese,M:missing,F:filling,T:teeth の略で、
虫歯になった歯、抜いた歯、詰め物をした歯など、
治療を加えて歯本来の状態ではなくなった歯のことを指します。

いまえだ歯科のDMFT目標(=天然の歯を減らさない!)

いつまでも「自分の歯」で健康に「食べて・話せて・笑える」人生を過ごして頂く!

いまえだ歯科では、DMFT指数の大幅な改善を目指しています。それはつまり、すぐ「抜いたり」「削ったり」するのではなく、抜いたり削ったりせざるを得ないような病気の原因となる元を見つけ、それを正常な状態にするという目的を徹底することです。もちろん虫歯や歯周病になってしまった歯の治療も最大限慎重に、丁寧に行うべきですが、それいぜんに「そのような状態にさせない」ことをモットーに、全ての治療行為、および啓蒙活動を行っていきます。

WHO(世界保健機関)の調査でも用いられる最新の科学的検査法で、効果的な病気の予防法をご提案します。

虫歯・歯ぐきの検査

クリーニング

唾液検査

お口の写真撮影

具体的な施策の1つとして、まずはじめに、来院される全ての患者さまの口の中の検査(※口腔内写真、唾液検査等。一部保険外診療の場合もあります)を行い、患者さまお一人お一人に情報提供しています。
その後、今までに溜まっていたバイオフィルムや歯石を大掃除します(初期治療)。
初期治療の結果、どのくらい口の中の状態が良くなったのかを調べ(再評価)、その上で担当の歯科衛生士をつけて、 3ヶ月に1度丁寧にバイオフィルムを取り除くメンテナンスをしています。

口腔内写真

当院ではまずはかならず口腔内写真を撮影します。その写真を使って、患者さまにお口の中の状況をご説明します。わかりやすく写真で残すことで、治療の成果もはかりやすくなります。

唾液検査

唾液の量、緩衝力、菌の有無・種類・量などを7項目をチェックし、データから導かれるリスク(どのような原因で虫歯や歯周病になりやすいか)と、リスクに対応した予防法をご説明します。

 

 

診療時間:8:30〜12:30 、14:30〜19:30休診日:水曜午後、木曜日、日曜午後

 
8:30~12:30
13:30~18:30

いまえだ歯科Imaeda Dental Clinic

〒491-0052
愛知県一宮市今伊勢町新神戸字乾24 アクセスマップ