かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所について

平成28年4月をもちまして、当院は厚生労働省より「より専門的に予防のための定期管理(メインテナンス)を行う、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。

予防のための、かかりつけ機能強化型歯科診療所とは?

厚生労働省が新たに定めた、むし歯や歯周病の重症化予防のための画期的な新制度です。
全国約70,000件の歯科医院の2%が認定される予定です。

日本の保険医療制度を定めている中央社会保険医療協議会より、

・・・50歳以上の人の約半数が歯周病によって抜歯している
・・・不定期に通院している人ほど抜歯の本数が多い
・・・定期来院している人々は新しいむし歯の発症が少ない

mate-add-09

という報告がありました。これを受けて厚生労働省は、これまでの「削って詰める治療、空いた時間に予防処置」のような治療優先型の歯科医療の在り方を改め、虫歯にさせない、歯を失わないための継続的な検査やメインテナンスが組織的に行える歯科診療所の要件を定め、かねてより予防歯科に取り組んでおりましたいまえだ歯科も認定されました。

健康を守るための新しい制度

お口の健康とは「むし歯や歯周病のない状態を保つ」だけではなく、「満足に噛め、発音や見た目にも不自由がない」、すなわち生活の質を保つことであるという方向に考え方が大きく変わってきました。
そのためには、来院した患者さんの歯だけを見るのではなく、ときには他の医療機関などとも連携し、必要に応じて適切な歯科医療サービスを提供できる歯科診療所が求められています。
これは、かねてより当院が掲げてきた理念とも合致するものです。

当院での取り組み

厚生労働省によるかかりつけ機能の強化では、重症化予防のため、原則として、かかりつけ医の指示のもと、メインテナンス医療管理を長期行うものと定めており、当院もその方針を遵守いたします。
当院は、今後もメインテナンスを行うかかりつけ歯科医院として、益々の医療機能と品質の向上に鋭意、積極的に取り組んで参ります。

当医院は、以下の施設基準等に適合している旨、厚生労働省地方厚生局に届出を行っています。

歯科外来診療環境体制

歯科の特性に配慮した総合的な歯科診療環境の設備を行っています。
なお、当院での医療安全に関する取り組みについては医院にてご説明致します。

歯科診療特別対応連携

安心で安全な歯科診療環境の提供を行うために、以下の装置、器具を備えています。
・自動体外式除細動器(AED)
・経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
・酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
・救急蘇生セット
緊急時に円滑な対応ができるよう、近隣の医科保険医療機関と連携しています。

レセプト電子請求

明細書を無料で発行しています。なお、必要のない場合は申し出てください。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

偶発性に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策、高齢者の心身の特性、口腔機能の管理及び緊急時対応等に係る研修をすべて終了し、その対策を講じています。

歯科治療総合医療管理

患者様の歯科治療にあたり、以下の主治医や病院と連携し、モニタリング等、全身的な管理体制を取ることが出来ます。

在宅療養支援歯科診療所

訪問診療に際し、歯科医療面から支援できる体制等を確保し、近隣の医院、支援事業者や病院歯科と連携しています。

歯科訪問診療の地域医療連携体制

訪問診療に際し、地域医療連携体制の円滑な運営を図るべく、近隣の病院や医院と連携し、緊急時の対応を確保しています。

 

診療時間:8:30〜12:30 、14:30〜19:30休診日:水曜午後、木曜日、日曜午後

 
8:30~12:30
13:30~18:30

いまえだ歯科Imaeda Dental Clinic

〒491-0052
愛知県一宮市今伊勢町新神戸字乾24 アクセスマップ