予防歯科

口内最近の数、バランスを知って、未然にトラブルを防ぐ!
永久歯がむし歯になってしまうと、元に戻すことは不可能です。健康な歯を一生大切にするためには、少しでも早めの治療が肝心です。お口の中の状態は、ひとりひとり全く違います。特に「唾液」は人によって量も質も異なります。唾液検査の結果をもとに、患者さまのライフスタイルに合った予防法を提案させて頂き、患者さまに合った治療とケアをご提案します。

施術事例

予防歯科:虫歯・歯周病を防ぎ、将来にわたって健全な歯を残していきます。

Before

虫歯・歯周病に「なってしまってから」歯医者にかかるのではなく、虫歯・歯周病に「ならないために」歯医者に通うという習慣は、まだ日本ではあまり根付いていません。しかし、年をとっても自分の歯を残し、いつまでも口腔内の健康を保つためには、「予防のために歯医者にかかる」という習慣は非常に重要になります。

 
After

予防歯科では、唾液検査で口内の虫歯菌の種類や量を調べたり、食生活をヒアリングし虫歯のリスクがどんなところに潜んでいるかを調べていきます。特に唾液検査は、当院の患者さまのほとんどがお受けになる人気の検査です。

唾液検査・食生活検査の調査結果に基づいて、フッ素の塗布や虫歯にかかりにくくするための食生活指導、歯磨き指導などを行い、いつまでも自分自身の健康な歯を保てるようにケアしていきます。 

メニュー

ミュータンス菌検査

虫歯の原因となるミュータンス菌の量を検査します。ミュータンス菌が多い場合は、食後にキシリトールガムを噛むなどして、ミュータンス菌を減らすことが虫歯予防になります。また、ミュータンス菌は歯への付着力がとても強く、歯磨きだけでは取れにくいため、定期的な歯面清掃が大切です。

ラクトバチラス検査

糖分の多い食べ物を摂る機会が多いと、ラクトバチラスが繁殖しやすくなります。少なくとも1日1回はしっかりと歯を磨き、さらに菌の住みかとなる虫歯・合っていないかぶせものなどは治療するようにしましょう。

プラーク量検査

検査棒を舌にあてて唾液を採取し、ミュータンス菌やラクトバチラス菌などの菌の「量」「種類」を検査します。これにより、虫歯のなりやすさ、虫歯の進行速度の速さなどを推定できます。

食事回数チェック

起床から就寝までの間に、食事を何回するか、おやつは食べるかどうか、歯磨きの回数はどうか、飲み物はどんなものをよく飲むか、甘いものは好きか…など、食生活についてヒアリングします。生活の中でどんな虫歯リスク・歯周病リスクが潜んでいるかを判定し、予防プログラムの立案に用います。

唾液分泌量検査

唾液の量を測定します。唾液が多く出るほど、口の中の食べ物や飲み物の残りをすばやく洗い流すことができます。また、唾液は歯の質を強くし、抗菌作用をもたらしてくれます。唾液の量が少ないと、これらの作用が働きにくいため、虫歯になりやすいと言えます。

フッ素使用状況チェック

正しいフッ素の使い方をしているかどうかをチェックします。虫歯予防のためには、歯磨き粉や専用ジェルをこまめに用いてフッ素を定着させることが必要です。フッ素が正しく定着しているかどうかをチェックいたします。

緩衝能検査

食後の口内は歯がとけやすい環境になっていますが、これを中和してくれるのが唾液です。唾液検査では、唾液にどれぐらいの中和力があるかを測定します。これにより、日々の食事による虫歯リスクの高さを推定できます。

費用のめやす


■リスク検査:4,000円(税込)

※症状・状態により異なりますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。
※医療費控除についてはこちらのご案内ページをご参照ください。

ミュータント菌やラクトバチラスの検査だけでなく、生活習慣や食事の好みなども伺っていきます。

どんな虫歯・歯周病リスクが高いか、またそのリスクをどのように解消するかを提案いたします。

Q&A

Q:治療に痛みはありますか?

A:検査は少量の唾液を採取するだけのものですので、痛みはありません。検査棒を舌にあてて唾液を採取します。

Q:唾液検査をすることで、何がわかりますか?

A:ミュータンス菌やラクトバチラス菌などの菌の「量」「種類」を検査します。これにより、虫歯のなりやすさ、虫歯の進行速度の速さなどを推定できます。

Q:唾液検査は子供でも受けられますか?

A:お子様でもお受け頂けます。詳しくは当院までお気軽にお問い合わせください。

 

診療時間:8:30〜12:30 、14:30〜19:30休診日:水曜午後、木曜日、日曜午後

 
8:30~12:30
13:30~18:30

いまえだ歯科Imaeda Dental Clinic

〒491-0052
愛知県一宮市今伊勢町新神戸字乾24 アクセスマップ