koujo-title.gif

koujo-01.gif

自分自身や家族のために医療費を支払った場合、その年の確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。
申請には領収書が必要になりますので、治療が終わった後も大切に保管して下さい。

koujo-02.gif

歯科医師による診療又は治療の対価で、その病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となる医療費に該当します。

koujo-03.gif

1.歯の治療については、保険のきかないいわゆる自由診療によるものや、高価な材料を使用する場合などがあり治療代がかなり高額になることがあります。このような場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。
現在、金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているといえますから、これらを使った治療の対価は、医療費控除の対象になります。

2.発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
しかし、同じ歯列矯正でも、審美を目的とする場合の費用は、医療費控除の対象になりません。

3.治療のための通院費も医療費控除の対象になります。
小さいお子さんの通院に付添が必要なときなどは、付添人の交通費も通院費に含まれます。
通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。
通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの費用が対象となります。自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。

詳しくは、当院までお問い合わせください。

※平成28年4月1日現在法令等)
※法令の内容が変わる場合がございます。詳しくは、国税庁のホームページをご確認ください。

 

診療時間:8:30〜12:30 、14:30〜19:30休診日:水曜午後、木曜日、日曜午後

 
8:30~12:30
13:30~18:30

いまえだ歯科Imaeda Dental Clinic

〒491-0052
愛知県一宮市今伊勢町新神戸字乾24 アクセスマップ